Article

        

低投資で『選ばれる』リフォーム術 風呂場ver.

2017/ 07/ 02
                 
お疲れ様です。

前回、書いた 低投資で『選ばれる』リフォーム術に続いて
今回は風呂場ver.で書いていこうと思います。
良かったら最後まで読んで下さい。

前回説明しましたが、初めて読んで頂ける方がいらっしゃるかもしれませんので、少しだけ現在の不動産賃貸業界について説明します。
現在の不動産賃貸業界は【少子高齢化】の影響を受け、空室を抱える家主様がとても多い状況です。
少子高齢】によりお部屋探しをされるお客様が減り、その少なくなったお客様を仲介屋で取り合っています。
さらに少なくなったお客様を空室同士で取り合う時代になっています。

感の鋭い方はわかるかと思いますが、『空室対策』をしないと、どんどん空室が増えていき、家賃収入が下がり、返済が出来なくなり…とマンション経営が回らなくなってしまいます。

そこで僕が紹介するのは、低投資で選ばれるリフォーム術 風呂場ver.になります。

あなたは賃貸物件に住んだ事はありますか?

もし、『ある』と答えた方は何を求めましたか?

築年数、立地、家賃…と求め出すと全て当てはまるお部屋って見つかった事はありますか?
ほとんどの方が見つかっていないと思います。
なぜならみんなが求める部屋なので空いている事はほとんどなく、空き予定(空く前の状態で、内覧出来ない状態)で決まります。
築年数は浅いほど家賃は高く、礼金は2ヶ月なんて物件もあります。
立地は主要沿線の駅から近ければ近いほど家賃はべらぼうに高いです。
理由は土地の値段が郊外に比べて高い為、家主様は高い家賃で募集を出されます。なにより便利‼︎誰もが求めますので高値で設定をしても借り手が見つかります。
築年数が浅かったり、駅や街中に近い好立地の物件は空きが出にくく需要がある為、空室対策の必要がありません。

空室対策が必要な物件とは上記以外の物件になります。

決まりにくい物件でも【低投資で選ばれる】改装をして満室経営していきましょう♪

みなさんダイノックシートって知っていますか?

※硬質塩ビシートの事です。
  本物の木質、石、素材に限りなく近付いた万能のシートになります。
  建築からインテリア、装飾にまで幅広く使用され活躍しているシートです。


本日、オススメするのは風呂場の一面にダイノックシートと少し大き目の鏡を設置するリフォーム術です。

画像を見て下さい。



賃貸ではこんな風呂場がほとんどです。
普通】の風呂場ですね。



どうですか?

一面だけにダイノックシートを貼って、横長の鏡を貼っただけで
だいぶイメージが変わりませんか?

【普通】の風呂場の物件を何件か見た後にこの風呂場を見たら
記憶に残りませんか?

施工費込み45,000円(外)ぐらいで出来ますよ。

ちなみに横長の鏡をせ設置しているのには、
風呂場の使用を良くする為人間の錯覚を使って風呂場を広く見せる為です。
ここにも1つ大事なポイントがあるので、チェックして下さいね。

1室空けとくぐらいならぜひ検討してみては如何でしょうか?

以上、低投資で『選ばれる』リフォーム術 風呂場ver.でした。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント