Article

        

低投資で『選ばれる』リフォーム術 キッチン.ver

2017/ 07/ 01
                 
お疲れ様です。
不動産管理会社に勤務しております岳です。

本日は「低投資で『選ばれる』リフォーム術.ver」で記事を書きます。
良かったら最後まで読んで下さい。

現在の賃貸不動産業界ですが、【少子高齢化】により
年々、一人暮らしをするお客様が減っており、仲介屋はその少なくなったお客様の取り合いをしている状況です。
お客様の取り合いをしているのと同様に、『空室』同士もお客様を取り合う時代になってしまいました。

そんな時代の中で満室経営をしている家主様は、何が違うのでしょうか?
決まる空室とはどのような部屋なんでしょうか?

以下の5点が考えられます。

❶家賃が相場より安い
❷新築・築浅でキレイ
❸立地が良く交通の便が良い、街中から近い
❹築の割には手の込んだリフォームがされている
❺選ばれる部屋作りをしている

では細かく解説していきます。
❶家賃が相場より安い
↑1番決まります。
しかし、家主様の収益は確実に落ちます。税金対策でご所有されていたり、
2代目家主様で返済が終わっていらっしゃる家主様は使われる可能性が高い空室対策の1つです。

❷新築・築浅でキレイ・❸立地が良く交通の便が良い、街中から近い
↑確かに決まります。営業マンなしでも決まるレベルですが、変えられないところなので
対策のしようがありません。

❹築の割には手の込んだリフォームがされている
↑決まります。ただしリフォーム代に100万以上の投資が必要な為、それなりに家賃が上げられたり
回収が出来る見込があるならオススメですが、ないのであれば❶で1度空室を全て埋めてから対策をされるのが良いと思います。

❺選ばれる部屋作りをしている
↑僕が考える1番の空室対策になります。たくさんの空室の中から選ばれる部屋作りをする事が1番の空室対策になります。

多額の投資をしても他の空室よりも選ばれる事が1番大事です。
選ばれる=お客様が気に入って申込をするお部屋です。
さて本題に入ります。
低投資で選ばれるリフォーム術で紹介したいのは水回り等に
ダイノックシートを貼り
豪華に見せる方法
です。
最近の分譲マンションや新築には色物のキッチンが設置されている事が多いです。

写真を見て下さい。



よくあるミニキッチンです。
賃貸物件でほとんどに設置されている【普通】のキッチンです。
案内に4部屋行ったとして、4部屋とも普通のミニキッチンの可能性が高いです。

次にこの写真を見て下さい。



少し記憶に残りませんか?

機能として何か良くなったわけではありませんが、4部屋見終わった後に
記憶の中に残るという事がとても大事になります。

施工費込みで20,000円(外)で出来ます。

色はサンゲツなどインターネットで調べて頂ければいくらでも選べます。
(キッチンに貼る際は、オレンジなどの【食欲が湧く色】が良いと言われています)

空室がとても多いこの時代に他の空室と差をつけて【満室経営】しませんか?

少しの投資が空室対策に繋がる可能性がありますので、原状回復にプラスアルファで
ぜひ取り入れてみては如何でしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

※次回は風呂場.verを更新予定です。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント